今日だけは(いや、これからも、かもしれませんがw)FaceBookというサービスを世に出してくれたザッカーバークに敬意を表します。

先週末、大阪通天閣のいわゆる新世界で、8年前、僕がまだブラック企業に入り立てで、社会の事は右左すら分からない状態の中、ボロボロだった時(詳しくは【ブラック企業サバイバル論】誰にでもできる仕事はしないに詳しく書いています。)、に出会った姉さんと、8年振りにサシ飲みさせていただきました。

(会社の部長の誕生日会を、どうしてもすいません、今日だけは、、と非参加にしました、コレは理由を聞いて納得してくれた部長と社長に感謝です。)

※ちなみに、その姉さんは当時から僕なんかが横に立って歩いて良いのかレベルに美人な方で、某芸能事務所のスカウトを蹴ってましたw

出会いはもちろん18歳の時のブラック企業です。

僕と数日違いくらいで入って来られて、たまたま席が隣になったのがきっかけでした。姉さんは、そ の時点ではWEB関する知識は何も持っていませんでした。

当時の事務所が心斎橋のアメ村だったのですが、アメ村って結構美人な子が多いイメージが当時の僕の中には勝手にあったのですが、その中でも「歩いてるだけでオーラが違う」くらいハンパ無く、ダンスをやっておられたので姿勢が良く、音楽は超バリバリの レゲエ好きで、ヘヴィメタラーな僕とは正反対、しかしルックスも最高。

ねぇこれ後光差してるんじゃないのww と冗談半分マジで思うくらい、カリスマが半端無かったのを覚えています。再会のきっかけはFaceBookでした。完全プライベートなFaceBookで、僕は元々内向的なタイプで、何と言いますか、簡単に言うと人間関係は、「浅く広く」ではなく「深く狭く」派なので、FBの友達は今でも20人くらいしか居ません。

当時FaceBookが出てきた時も、本来であればやるつもりはありませんでした。Twitterで すら、今年に入ってやっとまともに運用し出したレベルです。

でも時流に乗らないワケにはいかんな、と当時思って、数年前FaceBookアカウントを取得 した時に、電話帳が同期され、たまたまFaceBookを僕より先にやっていた姉さんの名前が出てきて、思わず1番に友達申請を出したのを今でもよく覚えていますw

それからと言うもの、お互い大阪で別々の企業で働きながら、たまーに流れてくるウォールを見て、いいね! したりされたり、コメントしたりで、ちょくちょく交流している程度でしたが、今月に入りFacebook経由で「しんのじ、飲みに行かへん?」と誘われてびっくりしたのですが、「8年前姉さんに出逢ってなかったら今の自分は無い」と思い、「御意のままに」とお返事しました。

この姉さんがつけてくれたアダ名がこの「Shinnoji(真の字)」です

「何スかそれww 変な呼び方っスね、そんな呼び方姉さんだけですわ」と笑っていたのですが、数日後には職場で勝手に定着していました。

そんなワケで、当日は8年振りの再会となりましたが、8年と言う月日が、本当は昨日だったのでは? と錯覚するくらい何の違和感もお互いに感じませんでした。

待ち合わせ方も凄いアバウトで、19:30くらいに通天閣のとこ! くらいしか聞かされてなかったのですが、一瞬で見つけました。僕は男にしては珍しいと言われるのですが超方向音痴です。

有象無象で溢れかえるアジア諸国の 言語も飛び交う新世界で、それでも一瞬で見つける事が出来ました。だって綺麗なまんまなんだもの。

元々姉さんの「串カツ食べたい」から始まったので、某串カツ屋に速攻でINしました。姉さんは僕の4つ上なので、おそらく三十路に差し掛かっているはずなんですが、本当に綺麗すぎて分かりませんでした。

むしろこの治安もあんまり良いとは言えない新世界の中で「こんなん絡まれたりしたら姉さん守り切れるやろか……。最後は人柱になろう……」くら いにしか考えてませんでした。

そして積もる話も出るわ出るわでした。

今日はその中のひとつだけ書きます、全部書くと死んじゃうのでw

姉さんも僕も学歴にコンプレックスがありました。8年前、心斎橋のビッグステップ前で休憩していた時に、「ねえShinnoji、私が大学行きたいって言っ たらどうする?」的な事を言われ「えっ! 何でっスか!?」と聞いたら、「大学で経済の勉強をしてアパレルか何か、ブランドを作りたいんよ。だから高専取って、大学行こうと思うねん、無理やろか?」みたいな事を言っていました。

「本気でやりたいなら、良いんじゃないですか? ブランド作ったら雇って下さいよ。ちなみに僕は数学が一番苦手です」「えぇ? 数学なんて簡単やん、x求めるだけやん?」みたいに半分冗談交じりに笑い話で普通は終わると思うのですが、終わりませんでした。

今、姉さんはマジで大学に通って経済学を勉強しています。

Facebookから流れる断片的な情報で「あれは本気だったんだな」というのは分かっていたのですが、改めて「有言実行」という言葉を思い知らされました。

その頃、↑「こんな事を言ってましたよね~」と言うと「覚えててくれたん?」と向こうもビックリしていました。

その後も、僕の文章力では表現し切れない色んな事を勉強させていただきました。久々に潰れる寸前まで酒を飲みましたが、あんなに充実した時間は久しぶりでした。これはお互い本当に頑張ってきたからこそなせる業だなと思いました。

「今日は8年振りにShinnojiと会って、自分が間違ってなかったって再認識出来た。また飲みに行こ」と言われたので、数年後、もっと楽しく酒を飲める男になるように、頑張りたいと思いました。

ちなみに、これはお互いに笑いながら言いましたが、男女のLOVE的な意味では、既に8年前に1周して通り越していますw 本当に血の繋がってない姉弟のような関係です。僕にもし姉が居たならこんな姉さんが良いです、と言い切ると思います。

最後に、FaceBookありがとう。ソーシャルな世界に乾杯w